災害から未来(あす)を守る会

最新のお知らせスケジュールを見る

2013/3/9(土)第2回 ひらつな祭
2011/11/12(土)第2回 防災講演会
2011/8/27(土)第1回 防災講演会

「届け!復興への願い」☆天の川募金☆

<天の川募金について>
このたびは「天の川募金」に義援金をお寄せいただきまして、誠にありがとうございました。
お寄せいただいた義援金総額 2,755,794円は、2011年8月6日(土)「東日本復興祈念!仙台七夕囲碁まつり・こころの碁」開催会場にて、能勢 康孝 当会代表から高橋 一典 仙台市市民局長さまへ(仙台市長宛)お渡しさせていただきました。
この義援金は仙台市を通じて被災者への支援に役立てていただくこととなっており、今後も現地の方々と連絡を取り合い、少しでも被災地の方々の要望に応えれればと思っております。今後とも皆様のご協力をお願いいたします。
皆様からの善意に対し心より感謝申し上げます。

<趣意書>
今回の大震災は、まさかの連続で大津波の発生もあり、特に東北地方の被害はこれまでの想定を大きく超え、まさに想像を絶するものとなってしまいました。その中で、私たちのまち「平塚市」と共に、日本3大七夕の開催地である「仙台市」も今回の東北関東大震災で大変大きな被害を受けました。

☆ 七夕まつりは、みんなの幸せを星に願う行事です ☆
私たち「災害から未来(あす)を守る会(旧:災害から未来を守る・平塚)」では、仙台を始めとするこの震災で大きな被害を受けた被災者の皆さんが、希望を捨てずに頑張って頂き、一日でも早く元の生活を取り戻して頂きたいという思いを込めて、この活動を行ってまいります。
平塚の七夕は今年61回目を迎える歴史あるお祭りですが、仙台の七夕の歴史はさらに古く、伊達正宗が仙台藩主を務めていたころが起源だそうです。また、平塚に「湘南ベルマーレ」があるように仙台にもサッカーJリーグの「ベガルタ仙台」があり、その名前の由来は七夕の星、織姫のベガと彦星のアルタイルから採ったものだと聞いています。七夕まつりという同じ文化を大切にしている平塚市民として、仲間のピンチに少しでも力になれたら・・・そんな思いから、この企画をいたしました。
「届け!復興への願い」☆天の川募金☆
代表
  • 能勢 康孝
    (ナパサクラブ)
  • 副代表(50音順)
  • 尾鷲 幸男
    (平塚市料理飲食業組合連合会)
  • 木谷 正道
    (NPO法人 暮らしと耐震協議会)
  • 篠原 憲一
    (ひらつか防災まちづくりの会)
  • 山田 美智子
    (SCNクラブ)
  • 会計(50音順)
  • 田中 洋子
    (田中紙店・ナパサクラブ)
  • 松井 昭憲
    (松鱗亭・ナパサクラブ)
  • 世話人(50音順)
  • 安藤 晋
    (市民活動団体 Revolutions)
  • 出縄 守英
    (進和学園・サンメッセしんわ)
  • 熊沢 博樹
    (海岸清掃団体ウキブイ・エミラボ)
  • 鈴木 寛太
    (SCNクラブ)
  • 鈴木 久恵
    (ひらつか災害ボランティア)
  • 鈴木 豊
    (神奈川県理容生活衛生同業組合)
  • 西岡 哲
    (地圏環境テクノロジー・金目川水系流域ネットワーク)
  • 福井 義幸
    (地域住環境研究所)
  • 水嶋 祥貴
    (ナパサクラブ)
  • 水嶋 一耀
    (平塚市料理飲食業組合連合会)
  • 渡邊 豪
    (ひらつか災害ボランティア)
  • ▲このページの先頭へ戻る

    エミラボ ©